最近はどこの薬局に行っても、「ジェネリックにしますか?」と聞かれることが多くなったと思います。その時に、ジェネリックとはどういうものかという説明をされているとは思いますが、TVを見ていると「全ては患者さんのために」とか「ラクタブ技術のジェネリック!!」」とか果ては「へそが茶を沸かしたら○○○のジェネリック」とか、さっぱり意味不明のCMが流れていますよね。
 そこで、改めまして、ジェネリックとはどういうものかをご説明したいと思います。

 まず、ジェネリックってここ数年で出てきたものと思っていませんか?実は、大昔からあったのです。少なくとも私が薬剤師になった時にはもうすでにいっぱいのジェネリック(その当時はゾロと呼んでいましたが)がありました。今と違うのは、昔はジェネリックも医師が銘柄を指定して処方していて、薬剤師や患者が選択するものではなかったということです。それが、患者さんにも知られるようになったのは、代替調剤という制度が新たにできたからです。この制度によって、「成分が同じであれば、どこのメーカーの薬でもいいよ」と医師が処方箋に意思表示をしていれば、患者さんがジェネリックを希望すると、その薬局に在庫しているメーカーの薬を調剤することができるようになりました。

 薬のメーカーにはいくつかのパターンがあります。ざっと分けて、新しい薬を一から開発して販売するメーカー、薬を作るだけを専門していて開発はしないメーカー、その両方をするメーカー、親会社が開発して子会社は作るだけ専門のメーカーの4パターン。
 新薬開発には10年も20年もかかり、たくさんの候補物質の中から見つけ出されて世に出ます。やっとのことで発売できるようになった薬は、その時点で特許を取ります。つまり特許が切れるまでは、その開発メーカーの専売となります。だいたい、この特許は10年~15年というところが相場のようです。値段(薬価)は製造にかかるお金とこれまでの開発にかかったお金などを検討して決められます。そうしないと、メーカーも企業ですから経営が成り立ちませんよね。
 そして特許が切れたら、薬を作るだけ専門のメーカーが同じ薬を作り始めます。これが、ジェネリックと呼ばれるもので、開発はしていませんから、当然、値段は製造にかかるお金だけで十分に経営は成り立つわけで、開発メーカーのものより安い薬価が付けられるというわけです。決して、材料費を削って粗悪なものを使っているから安いというわけではないことをご理解下さい。
 でもよく「先発品(開発メーカーの作った薬)と全く同じではない」と言われます。これは、薬を錠剤に固めたり粉薬にしたりする時に、固めるためや均一な粉にするために添加物が必要になりますが、この添加物がメーカーによって違うからなのです。ハンバーグを作る時に、つなぎにパン粉を使うか、小麦粉を使うか、片栗粉を使うかというような話で、添加物として許可されている物質の中から各メーカーがそれぞれに選んで使っているので、これは開発云々とは別に考えなければなりません。このように、厳密に言うと全く同じではないけれど、薬としての効き目は同じであるという証明を厚労省に提出し、審査され、許可されて、発売されているのがジェネリック薬品なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>