先日、ジェネリック薬は主成分は先発薬と同じでも、錠剤に固めたりする添加物が違うのです、というお話をしました。が、最近はオーソライズドジェネリックと銘打って、先発薬と寸分たがわず何から何まで全く同じというジェネリック薬が出現してきました。(どうしてこうも日本人は、英語をカタカナで言いたがるのでしょうか。英語にふさわしい日本語がないわけでもないでしょうに。これだから、理解する前に拒否反応が起こるのですよ)
 簡単に言えば、“先発メーカーが作った錠剤にジェネリックメーカーの印をポンと押して安い薬価で売っている薬”ということでしょうか。しかも、このジェネリックメーカーは先発薬メーカーの子会社だったり、合弁会社だったりするのだから、何だか利益の二重取りのような気がしないでもない。その上、このジェネリックメーカーは“ジェネリックと言っても先発薬と全く完全に同じ物だから、ジェネリックに抵抗のある人でもこれなら文句ないでしょう?”という宣伝をしています。
 う~ん、確かにそうだけど、それならわざわざ高い薬価の先発薬を並行して売り続ける必要がどこにあるのか、と私は思います。製造特許も含めて別メーカー(関連会社だけど)に渡したのなら、潔く先発薬は引退したらどうかしら? 全く同じなら安い方だけでいいんじゃないの?
 各方面から“おまえらの知らない深~い事情があるんだよ”とクレームがくる予感がしますが、それでもあえて申し上げます。
 オーソライズドジェネリックが発売されたら、先発薬は薬価削除すべきです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>