1月末と言えば一年のうちで最も寒い時期。でもその冷たい土の中では、芽吹きを待つ植物たちの命がいよいよ準備体操を始めている時期でもあります。そして、花粉症の諸兄におかれましては、そろそろ天気予報が気になり始めているのではないでしょうか?
 三寒四温の四温の日、柔らかな日差しの中に何やら霞がかかったような感じがしたら、「あれ大変だあ、一年はなんと矢のごとし、薬だ、薬だ、早く始めなくちゃ!!」と保険証を探し出すのですね。
 ということで今日は、そのアレルギーの薬について。

 まず、花粉のアレルギーは誰のせいかというと、先週登場した免疫くん御一行様の仕業です。インフルエンザの時には抗体を作ってウイルスをやっつける、体にとって頼もしいチームだったはずですが、花粉症の場合はなんと、敵と味方を見間違えた結果、花粉をウイルスのような敵だと判断、せっせと抗体を作って戦いを仕掛けていくわけです。そして、花粉をやっつけようと抗体を持って派手に戦っていると、いろんな化学物質が飛び散って、それが、鼻の粘膜、目、時には皮膚や気管支などにくっつき、あのつらい症状が出ることになります。
 アレルギーの薬と言われるものには、大きく分けるとふたつのタイプがあり、この間違った戦いを起こりにくくする、または戦ってもいろんな物質が飛び散らないようにするものと、飛び散った物質が症状を出さないようにブロックするものとがあります。症状が出るまでに飲み始めないといけないとされるのは、戦いを起こりにくくするものの方で、すでに出てしまった物質を止めることはできませんから、これから起こる戦いは止められても、今の症状はよくなりません。また、飛び散った物質をブロックする薬は症状が出てからでも効果はありますが、戦いが激しさを増してきたら全ての物質をブロックできなくなる可能性があります。
 だから、早めから使うのは戦いを起こりにくくする方の薬で、それでも症状がでてしまったら飛び散った物質をブロックする薬も使うという方法、またこの両方の作用を併せ持った薬(結構、たくさんの種類があります)を早めから使う方法、というのがよく行われる治療法です。でも、本当の理想は、花粉は味方だよ、ということを免疫くんに教えてあげることですよね。これは、減感作療法といって、ちょっとずつ花粉を免疫くんに見せて「これは敵じゃないよ、味方だよ」と教え込んでいく方法です。ちょっと根気のいる治療法ですが、どんな薬をのんでも「春が怖い~」という方は、主治医に相談してみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>