新聞やテレビでご覧になった方もあるかと思いますが、“くすりの福太郎”というチェーンドラッグストアで、薬歴がほとんど書かれていなかったとして薬局業界では大問題になっております。薬歴をきちんと書いたら〇〇点 という報酬が認められていて、福太郎さんの未記入のうちいくらかは薬歴を書いていないのにこの〇〇点を請求していたのであろう、ということで世間では“大規模な不正請求だ!”として問題になっていますが、薬局業界で問題にすべきは、不正請求以前に薬歴って誰のためのものなんだろう、という認識の再確認が必要だという点だと思います。
 というわけで、患者さんはおそらく見たことのない“薬歴”というものについてお話しましょう。
 医師が診察を行うと必ず診療録、つまり“カルテ”に記入します。これは見たことがなくても誰でもわかっていることです。たとえ、「どうですか?お変わりないですか?じゃ、いつもの薬を処方しましょうね」という会話だけだったとしても、その旨がきちんとカルテに記入されます。患者の側もおおむね変わりなく順調に治療できているというその日の記録がカルテに残る、それがその医師への信頼となっているわけです。
 この医師のカルテに当たるのが薬局の“薬歴”と呼ばれるもので、保険適応上カルテと同じ扱いになります。つまり、改ざんがあってはならない書類であるということです。ある薬局さんが誤字を修正液で消していて厚生局から強く指導を受けたという話もあります。これは改ざんに当たるというわけですね。
 カルテがあるから、診察のときにその人のそれまでの治療の経緯を確認できて、今日の治療が正しく判断できるのです。薬歴もその人の使っている薬について、それまでの経緯がきちんと確認できて、今日の調剤や説明に反映されるものでなければなりません。そうなると、調剤した薬の名前だけが記載されていても何の役にも立ちません。いつ、患者さんからどんな質問を受け、薬剤師がどんな答えをしたか、いつどんな症状がありどんな薬が処方されたか、いつどの薬でどんな副作用があったか、それはその後どうなったか、などなど、その日の薬剤師が患者さんに行った仕事を逐一記録しておくべきです。その記録があるから、常に“〇〇さん”にだけの特別な説明ができるのです。これがないと誰に対してもAという薬はBという説明、という画一的な仕事にしかなりません。
 皆さんは薬局でどんな説明を受けていますか? 〇〇さんはAという薬で眠くて困ったということがあって、もちろんこの薬局さんにも話してあるのに「もしかしたらこのAをのむと眠くなるかもしれません。」とだけしか言われなかった、ということありませんか?(これはまさにAにはBの説明) 「〇〇さんはAで眠くて困ったことがありましたよね?今日はまたAが処方されていて、治療上必要だと医師が判断したからなのですが、もしどうしても眠くなると支障があるというなら、今、医師に相談してみましょうか?」と言ってくれる薬局さんなら、きちんと薬歴を作ってくれているという証拠ですよ。

One thought on “くすりの福太郎問題

  • 2015年3月27日 at 8:59 PM
    Permalink

    この薬歴は参考になりました。風車で目眩が来た被害者は、動揺病や車酔いの薬づけになって
    大変なことになってる。医者は薬のことを知らないからね。
    読んでよかったわ

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>