アプリをリリースして2週間が経ちました。「お薬手帳は便利だけど、QRコードなんか見たことないよ。手入力は大変だ!」というお声をあちこちからいただきます。早速、いただきましたご意見・ご要望に沿うべく、何とか簡単に手入力できるようにと改良を重ねておる次第でございます。
 が、QRコードを渡していない薬局がとても多いのはなんとも嘆かわしい。
 だって、QRコードを出すことなんて、いとも簡単にできるのに、薬局さんがその必要性を全くわかっていないから出さないだけなんですよ。

 レセコン(薬局で処方箋を見ながら入力しているコンピューターのこと)は、現在全てのメーカーがQRコードに対応しています。QRコードで手帳を電子化することは、国の施策でもあるからです。
 薬局が電話を1本かけて依頼すれば、システム担当がやってきてちょいちょいと設定をするだけで、すぐに全ての患者さんにQRコードを渡すことができるんです。おそらく手数料も要りません。

 KUSMOは、QRコードがあると呆れるくらい簡単に処方内容の登録ができます。
 飲み方や量や医療機関名や薬局名なども、正確に、しかも瞬時に!
 使った方はだいたいこの時点で「お~~っ!」と感激の声を上げ、その次に薬の説明書を見てさらに「お~~~~っっっ!!」となるわけです。
 是非是非、この本当の便利さを皆さんにも味わっていただきたい!!

 そこで、皆さんから薬局に、「QRコード出して下さい!」と言いましょう。
 毎回毎回、「まだですかぁ」「まだですかぁ」と言えば、さすがに腰の重い薬局もレセコン屋さんに電話するでしょう。
 ひょっとして薬局さんは、お薬手帳を電子化しても点数にならず、儲けにもならないから興味がないのか?もしそうだとしたら、その考え方自体がけしからんじゃないですか!!
 皆さんで薬局に教えてあげましょうよ。患者が望むものは何なのかを!

 というわけで、本日より「QRコード下さい運動」を始めてまいります。
 皆さん、どうぞご協力下さいませ!ヽ(*´∀`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>