プール熱、手足口病、溶連菌感染症、熱中症などなど。
 真夏の時期にはありとあらゆる熱の出る病気が子供を襲います。ウイルス性のものであれば抗生物質は効きませんから、対症療法として解熱剤だけが処方される場合もよくあります。でも薬局に来られた際に親御さんたちがよく「熱は下げない方がいいのでは?」とおっしゃいます。
 たしかに発熱は、体に入ってきた悪者を熱で殺してしまおうとする生体の防御反応ですから、どんな薬よりもありがたい特効薬ではあります。熱は下げない方がいい、は間違いではないのですが、40度を越える熱をそのまま放置し、結局入院しなければならなくなる場合もありますし、薬をのませるべきか、熱を出しておくべきか、それが問題ですよね。そこで今日は、解熱剤を使うタイミングの目安についてお話しましょう。
 まず、37度台の熱の場合、おでこや脇などを少し冷やしてあげるだけでよいでしょう。解熱剤は使わないで下さい。38度以上でぐたっとしてしまったり、目がとろんとしてしまった時は、熱という武器を振り回すことで逆に自分がやられてしまっている状態ですから、解熱剤を使って熱を下げ、体を休ませてあげましょう。38度あるけどへっちゃらで遊んでいる、顔つきや目つきが普段となんにも変わらず元気だ、という場合は薬は使わず様子をみましょう。まだまだ武器を振り回す元気が有り余っているということですからね。でも、どんなに元気にしていても、39度を越えるようなら熱を出すためにかなりのエネルギーを消耗しているはずですから、解熱剤を使いましょう。このタイミングで熱を下げてあげないと、エネルギーを使い果たして突然ぐたっとしてしまうかもしれません。
 ついでに、熱の状態を判断する目安ですが、寒気を訴えている時は熱がどんどん上がっている状態です。その後、ホッペが真っ赤になって寒気が止まったら上がりきった状態。解熱剤で熱が下がると急に汗がいっぱい出ます。汗が出たらすぐによく拭いてお着替えさせましょう。
 いずれにしても、子供の発熱は刻々と症状が変化します。できるだけ誰か大人が子供のそばにいてあげるようにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>