現在、厚労省では患者さんがかかりつけにするにふさわしい薬局を“健康づくり支援薬局”と名付けて、特別に認定しようとしています。その要件として浮かび上がってきたものが、先日からここにも書かせて頂いていますが、何でも相談、在宅業務、市販薬の販売など。さらにそこに付け加えて医師に対して処方を提案したり、患者さんを紹介したり。
 さあ、ここで噛みついたのが医師会であります。

 健康に関する何でも相談は医師の仕事だ!在宅も医師の仕事だ!処方提案だ??処方を決めるのはそれこそ医師の仕事だ!薬局からの紹介なんて聞いたこともない!

 厚労省も医師会も、全くおっしゃるとおりだと思います。薬局にこの役目が果たせればそりゃ医療費も削減できるかもしれないし、患者さんもどこの医師にかかればいいのかを教えてくれる専門家がいれば安心して暮らせる。でも、これができる薬剤師が全国にどれほどいるでしょうか?薬学部の教育を根本から見直す必要があるだろうし、それをすると薬学部はプチ医学部になってしまう。厚労省は、薬剤師の専門性の上に、ある程度の医学的知識も必要と言ってるわけですから、にわかに勉強を始めたところですぐにご期待に添えるものでもありません。
 つまり、厚労省は将来の理想を掲げ、医師会は今の現実を見ろというわけですから、どちらも正しい。

 ただ、一つだけ気になる要件があります。
 患者さんがかかっている複数の医療機関から処方される薬や市販薬の全てを把握、管理、説明する仕事について、医師会はこれも医師の仕事だとおっしゃる。しかし、これだけは薬局にやらせて欲しいと思います。もちろん、相互作用や重複について検討した上で、必要があればそれぞれの主治医にちゃんとご相談申し上げます。勝手に処方をいじったり致しません。それでも薬剤師にこの仕事をさせるのはけしからんのでしょうか?

 そしてもう一つ、この一連の意見交換を見て、いかに薬剤師が、ただ薬の数を数えて揃えるだけの仕事をしていると思われているかがよく身にしみてわかった次第です。
私達、いくら何でもただ数を数えているわけではございませんわよ。ちゃんと薬理作用だの相互作用だの、用量は適切かだとかその人の既往症だのを、チャッチャと薬を取りながら脳みそをグルグル使って考えておりますよ。それだけはわかって欲しいなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>